【ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL)実機レビュー】スペック重視は平均的。気軽に使える格安スマホ

【ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL)実機レビュー】スペック重視は平均的。気軽に使える格安スマホ

 

ASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)はバランスがよく人気の機種ですね。

 

こんな人にオススメ!
・カメラの性能が良い格安スマホがよい
・スペックはそこそこでOK

 

このページではASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)の魅力やイマイチな点を解説します。スマホ選びの参考になれば嬉しいですっっ!


ASUS Zen Fone 2 Laserは格安simとセットで販売しているスマホの中で最も取り扱いの多い格安スマホ。

 

人気が高い。定番中の定番になりつつあります。

 

2016年10月7日から「au Volte」に対応しましたね!これでドコモとau系の格安simでの通信が可能になります。

 

既にお持ちの方はアップデートすればOK。

 

au系のsimも使えるようになったのでUQモバイルもZenFone 2 Laserの取り扱いを決定したぞ!

 

ASUS Zen Fone 2 LaserはASUS Zen Fone5の後継機種として販売されたスマホで、よりコンパクトになり進化しています。

 

カメラの性能がとてもよく、レーザーオートフォーカス機能といってピントを合わせるのが速く、暗闇でもきれいに撮影できるのが特徴。

 

ASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)には8GBと16GBと2つありますが、格安simとセット販売しているのは16GBが主流。

 

早速スペックを見ていきましょう。

 

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)のスペック

os Android 5.0.2
画面の大きさ 5インチ
CPU

QualcommR Snapdragon 410
1.2GHz クアッドコア

メインメモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 16GB
カメラ(背面/前面) 背面:1,300万画素、前面:500万画素
解像度 720×1280
サイズ W71.5 ×H143.7 ×D10.5
重さ 145g
バッテリー 2400mAh
カラー ブラック レッド ホワイト
ディアル ◎対応
主なスロット

microUSB
microSDカードスロット
microSIMスロット ×2
イヤホン端子

 

 

ZenFone2 Laser(ZE500KL)と格安simとセット販売の価格比較

ZenFone2 Laser(ZE500KL)を格安simとセット買うと一般に市場に出回っている価格より安く手に入れることができるsimもあります。

 

逆にセット販売なのに高い業者もありますので注意して購入しましょう。

 

OCNモバイルONE
16GB
一括支払い:24800円(税抜)
分割記載なし
*16GBだと最安値!

 

IIJmio
16GB
一括支払い:27,800円(税抜)
24回分割払い:1,250円/月(税抜)

 

ビッグローブ
16GB
一括記載なし
24回分割払い:1,150円/月(税抜)

 

DMMモバイル
16GB
一括支払い:24,800円(税抜)
24回分割払い:1,318円/月(税抜きかどうか不明)
*16GBだと最安値!

 

u-mobile
16GB
一括支払い:27,800円(税抜)
24回分割払い:1,159円/月(税抜)

 

楽天モバイル
8GB
一括支払い:22,800円(税抜)
24回分割払い:1,026円/月(税込)

 

16GB
一括支払い:27,800円(税抜)
24回分割払い:1,251円/月(税込)

 

ニフモ
16GB
一括支払い:31,112円(税抜)
24回分割払い:1,297円/月(税込)
*ニフモは高い。

 

アマゾンでの価格

 

 

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB レッド ZE500KL-RD16

 

アマゾン価格:25,480円(税込)

ASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)の注目すべき特長

5インチのIPS液晶搭載

ASUS Zen Fone 2 Laserは5インチのIPS液晶搭載されており、ゴリラガラスといわれる傷がつきにくいガラスで、ほこりもつきにくいアンチフィンガープリントが施されています。

 

またホコリや指紋をを軽減するアンチフィンガープリント加工というものも施されています。

持ちやすいデザイン

色はホワイト・レッド・ブラックと3つのカラーがあり、背面が緩やかにカーブしているので手になじみやすく持ちやすい構造になっています。

 

これは人間工学に基づいた設計でよく考えられたスマホですね。

 

レーザーオートフォーカス搭載

瞬時に焦点を合わせることが出来る「レーザーオートフォーカス搭載」が搭載されています。

 

ちなみに商品名にもなっているLaserはこのレーザーオートフォーカスのレーザーが由来です。

 

大事なシーンをうっかり撮り逃すこともなくなるはずです^^

 

フラッシュが独特

撮影時のフラッシュは2色のデュアルLEDフラッシュというものを搭載しており、自然に近い色合いを出すことが出来ます。

 

カメラ撮影モードは充実!

撮った写真は小顔にしたり目を大きくしたりする美人エフェクトや、暗いところでもきれいに撮れるローライトモード、逆光でもきれいに撮れるHDRモードがあります。

 

 

 

 

専用の純正アクセサリがなかなか使い心地がよい

アクセサリの純正のビューフリップカバーは閉じると自動的にスリープになり、開くと解除される便利なカバーです。

 

カバーをしたままスケジュールやメールの内容が確認できるので、わざわざカバーを開け閉めしなくてもスマホを守りつつ最低限必要の情報は閲覧できるのが特徴です。

 

背面のボタンですぐ音量調節ができる

背面に音量を調節ボタンがあり、思わず大音量がでてしまったときなどすぐに小さくしたり出来ます。細かい部分ですが、使ってみると意外と便利です。

 

ASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)を使ってみよう

ASUS Zen Fone 2 Laserの背面カバーの開け方

早速背面をあけてsimカードを挿して見ましょう。

 

まずは電源オフの状態にします。

 

説明書では爪を右下にある溝に入れてスーとスライドさせれば開くようですね。(ほんまいかいな)

 

 

 

ちょっとやってみましょう。

 

zenfone2 laserの開け方

 

爪を入れてスライドさせたら開くって書いてるけど、爪自体入らんや無ないか!

 

むりくりいれたらスマホ本体にかすかな傷つくし~~

 

チラッと聞いた話では、スマホノ下部にあるmicroUSBポートに爪を入れたほうが開けやすいと聞いたのでやってみたら・・・

 

開きました。3分かかりました。

 

 

その時の動画です。

 

 

約3分かかりました^^:慣れるまで時間がかかりそうです。

 

追記:現在は30秒くらいで開けれるようになりました!

 

おそらく管理人以外の人も開けにくい!と思われる方の方が多いと思うので、開けずらいときはUSBポートから爪を差し込んでみてください。

 

USBポートのほうが爪が入りやすく、開きやすいですね。

 

ASUS Zen Fone 2 Laserはデュアルsim

ASUS Zen Fone 2 Laserは「デュアルsim」といって2枚simカードを挿入できるようになっています。

 

 

右側がスロット1(sim1)で左側がスロット2(sim2)です。バッテリーをはずすと文字で書かれています。

 

 

デュアルsimは1枚を通話用もう1枚をデータ用(テザリングなぞ)として使用したり、あると便利な機能です。

 

simを挿入してAPN設定をしよう

simは右側のsim1に挿入します。バッテリーを取り外す必要がありますので注意しましょう。

 

simカードの向きわかりますか?

 

 

*管理人はnanosimをmicrosimに変換するアダプタを使っています。

 

左上がかけているよう向きを合わせます。

 

挿入したらバッテリーを入れて背面カバーをして、電源をオンにします。

 

メニュー画面で下から上に指でスワイプさせます。「システム設定」をタップします。

 

 

次はsimがきちんと挿入されているか確認しましょう。

 

「デュアルsimカード設定」をタップするとsim1が使用可と表示されているのを確認しましょう。

 

確認できましたら次はAPN設定をします。「システム設定」→「もっとみる」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」をタップ。

 

 

するとsim業者のなまえがズラリと表示されます。今回はDMMのsimを挿したので、DMMをタップします。

 

 

もし契約したsim業者の名前がない場合は、右上のボタンから「アクセスポイントの編集」の設定をする必要があります。

 

 

ここの設定方法は送られてきたsimに同封されているはずです。失くしてもWEBサイトからでも確認できます。

 

次で最後です。wi-fiを切断し、上部に「H」か「4G」という表示が出ていればAPN設定は完了です。

 

ブラウザを立ち上げてネット通信が出来るか試してみましょう。

 

Zen Fone 2 LaserのAPN設定の動画はこちら

 

 

ASUS Zen Fone 2 Laserのsimカードの取りはずしかた

simカードの取り外し方に戸惑う方が多いので動画に撮りました。

 

 

押すとピュっと飛び出るタイプではないので注意してください!

 

simカードを取り出すには乾いた手でスライドさせるのが一番安全だと思います。

 

耳かきやボールペンで引っ掛ける方法もありますが、simカードを傷つかないように気をつけましょう。

 

お子様や年配の方にやさしい使用


スマホが不慣れな人にはアイコンが大きくて操作しやすい簡単モードがあり、こどもが安心して使えるキッズモードもあります。
使用時間の制限やアプリの制限ができ、有害サイトからも守ってくれるので安心してお子様に持たせることができます。

 

待ち受け画面をサッと変更できる

下から上にスワイプして「ホーム画面の管理」→「テーマ」から壁画をインストールしておけば、アイコンと壁紙がテーマに合わせて一気に変更でき、気分によって待ち受け画面をすぐ変えることができます。

 

ちょっと実施にやってみますね。

 

*音でます

 

ねっカンタンでしょ♪

 

タップジェスチャ機能が便利

タップジェスチャ機能といって、画面が黒いスリープ状態のときに英語の文字を指でなぞると目的のアプリを起動できるんですね。

 

どんなことができるか表にしてみます。

 

タップ2回 起動する
「w」と画面をなぞる ブラウザが起動する
「s」と画面をなぞる メッセージが起動する
「e」と画面をなぞる メールが起動する
「c」と画面をなぞる カメラが起動する
「Z」と画面をなぞる Asus Boost(メモリ最適化してくれる)が起動する
「V」と画面をなぞる 電話が起動する

 

この機能は便利で、時間短縮にもなり、ストレスフリーです^^ちょっと動画も撮りましたので参考にしてみてください☆

 

ASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)のイマイチな点

デュアルSIMが使えるが起動が遅い

デュアルSIMは使えるんですがSIMの切り替えに40秒ほどかかるのと手順が面倒です。
頻繁に切り替えるならちょっとイライラするかもしれません。ちなみにP8liteのほうは15秒くらいで済みます。

 

防水ではない

海外端末は防水機能が備わったスマホがほぼないのが残念です。。。

 

6インチのZE601KLとZE500KLとの違い

新しい型番の6インチのZE601KLが2015年11月13日に発売され、ZE500KLとの違いを簡単に表にしました。

 

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon S616/メモリ 3GB)32GB ゴールド ZE601KL-GD32S3

 

 

 

ZenFone 2 Laser
(ZE601KL)

 

ZenFone 2 Laser
(ZE500KL)

 

os

 

Android 5.0.2

 

Android 5.0.2

 

画面

 

6インチ

 

5インチ

 

CPU

 

Qualcomm Snapdragon S616
4コア1.7GHz + 4コア1.2GHz 
オクタコア

 

Qualcomm® Snapdragon 410
1.2GHz 
クアッドコア

 

メインメモリ(RAM)

 

3GB

 

2GB

 

ストレージ(ROM)

 

32GB

 

16GB

 

カメラ(背面/前面)

 

背面:1,300万画素、前面:500万画素

 

背面:1,300万画素、前面:500万画素

 

サイズ

 

W84×H164.55×D10.55

 

W71.5 ×H143.7 ×D10.5

 

重さ

 

190g

 

145g

 

バッテリー

 

3000mAh

 

2400mAh

 

カラー

 

レッド グレー ゴールド

 

ブラック レッド ホワイト

 

 

グレードアップした点は
・画面が5インチから6インチに大きくなった
・RAMが2GBから3GBに増えました
・ROMGA16GBから32GBに増えました
・バッテリーの容量もUP

 

比べると6インチはでかい!パパちはZE500KLでいいかな。

 


*価格.comマガジンより 左が5.0型のZenFone 2 Laser(ZE500KL)、右が6.0型のZenFone 2 Laser(ZE601KL)

 

片手で操作はしにくくなりましたが、見やすさはよくなりました。

 

メモリも3GBでこれは魅力だと思います。

 

カメラの画素数も背面が1300万画素、前面が500万画素で、オートフォーカス機能は引き継いでいます。

 

価格は4万円台でカラーはグレー・レッド・ゴールドの3種類。

ASUS Zen Fone 2 Laser(ZE500KL)まとめ

ASUS Zen Fone 2 Laserはスペック重視よりもとりあえずネット見れてメールができればいいという人や初めて格安スマホを購入される方にとってはおすすめできるスマホです。

 

ドコモ系のsimだけでなくau系のsimも利用可能になったのでマイネオやUQモバイルのsimも利用可能になるぞ!

 

 

 

 

関連ページ

【小学生くらいのこどもの格安スマホ選び】こどもに持たせる格安スマホやSIMってなにがいい?
最近では3歳時でもスマホでゲームをしたり、アプリで遊んだりしますね。そのうち大きくなってきたら「スマホ持ちたい!」と言いだすと思います。こどもといっても3歳児から中高生まで幅広いのですが、小学生くらいのこどもだと手が小さいこともありあまり大きくないほうが使いやすいと思います。
こどもに持たせる格安スマホ・キッズケータイの選び方
ここではこどもにオススメのスマホやアプリ、こどもスマホの基礎知識について解説したいと思います!
【シニア層の格安スマホ選び】初めての格安スマホならこれ
じっちゃんばっちゃんが見やすくて使いやすい、老眼に優しいスマホはこれ。。。だと思います。
【トーンモバイル(TONE mobile)】小学生・中学生やシニアなど初めてスマホを持つ方に評判がいい
実機レビューあり。わからないことはサポートセンターにスグ電話できるので、こどものことやご年配の方のことよく考えたサービスを展開しているなぁという印象です。私も息子が一人いますのでこども向けの機能はとても便利に感じます。
【トーンモバイルの口コミ評判】実際に契約している人のホンネで乗り換えてどうなのかわかる
「格安simの乗り換えたいけどトーンモバイルってキャリアと比べたらどうなの?」と思いますよね。ここではワイモバイルに実際契約している人が悩みに答えています。
【5万円以上の格安スマホランキング】
値段は気にしない。とにかく高スペックのスマホが欲しい人は読みすすめてください!
【3万円以上の格安スマホランキング】
ここでは3万円以上の高性能の格安スマホをランキングしています!長く使えて動画もネット閲覧もストレスなくサクサク見れるのが高性能スマホの魅力ですね。
【2万円台の格安スマホランキング】
ここでは2万円台のそこそこ性能がいい格安スマホをランキングしています!この価格帯は一番ニーズがありますね。
【1万円台の格安スマホランキング】
ここでは1万円台の格安スマホをランキングしています!安くても十分満足できるスマホはあります。
【初めての方に人気の格安スマホランキング】はじめてで使い勝手がよく満足できるsimフリー端末なら
ここでは「初めてスマホを買う!」という人の為に目的別でわかりやすく格安スマホを網羅しています。
ポケモンGOに対応しているAR機能(ジャイロセンサー付き)スマホはコレ
大阪難波駅から日本橋駅までプレイ。動画撮影をするためスマホとパソコンを両方持ちながら歩いたので、通りすがるおっさんや自転車乗っている香水のニオイがきつい大阪のおばはんには相当いやな目で見られましたが、そんなのお構いなしに堂々とポケモンをゲットしました。
格安スマホで緊急地震速報などのエリアメールを受信できる?
格安スマホで緊急地震速報などのエリアメールを受信できる?
格安スマホが故障したとき端末保証のある業者はどこ?
ドコモ・au・ソフトバンクは万が一スマホが故障してしまっても保証プランがあります。格安スマホも同じように端末保証のオプションがある業者はあります。
こんな人は格安スマホに乗り換えてはダメ!!大手キャリアと格安sim(スマホ)結局どっちがいいの?
料金比較や大手キャリアの方が向いている人と格安sim(スマホ)が向いている人を比較しました。
格安スマホ・格安sim1~10GBの高速通信でyoutubeLINEどのくらいできる?
1GBのsimで月当たり約4時間30分youtube動画を見れるという実験結果がでました。
格安スマホや格安simでLINEを引き継ぐときの注意点と使用できなくなること
ID検索は残念ながら利用できません。ここでは格安スマホや格安simでLINEの年齢認証ができないときの対処法と引き継ぐときの注意点を説明したいと思います。
格安スマホでモバイルsuicaは使える
もちろん、この場合には決済システムに対応しているスマホを持っていることが条件となります。
ドコモやau、ソフトバンクのiPhoneから格安スマホに乗り換えもしくは格安simを使いたい!
【acer Liquid Z530】2万円前後のsimフリー端末でこのコスパはすごい。
あんまり目立っていないsimフリー端末ですが、コストパフォーマンスは間違いなくいいです。
【arrows M02/RM02】防水機能は最強!さらに頑丈で使いやすい。はじめての人にも◎
arrows M02/RM02は3万円台のミドルクラスのスマホですね。価格,comでは売り上げランキング1位だったこともあるsimフリー端末ですね。iPhoneから乗り換える人も多く、結構売れています。 丈夫で頑丈な上バッテリーの容量も多く、長く使っても壊れにくい特長があります。
【arrows M03】防水・防塵でタフでワンセグついてて一番売れてるキングオブ格安スマホ!
現在人気絶好調のarrows M03。3万円台と値段はフツーですが、ワンセグと防水・防塵はつい欲しい!と思わせるニクイ格安スマホです。
【Ascend Mate7】6型の大画面とバッテリー持ちが抜群!
【Ascend Mate7】6型の大画面とバッテリー持ちが抜群!
【Ascend G6】激安機の中では本体も小さく、軽いのも差別化のポイント
画面は4.5インチと大きめの画面が多いスマートフォンの中で小さめな画面なのは、使いやすさの点で魅力です。片手操作をしたい方や手の小さい方にはぴったりでしょう。
【ASUS ZenFone 3】デュアルsim・スタンバイができる格安スマホ。ガラスボディながら前モデルより軽量化された一台。
最大の魅力はデュアルsim・スタンバイ。片方はかけ放題の通話sim、もうひとつはデータ通信用と使い分けができ、それでいてiPhoneの半値で買える3万円前後の価格で手に入るのは魅力です。
【Zenfone3Laser】 使用感もサクサクでミドルレンジのスマホの中では一番良いスマホ
このスマホのスペックは高めなのにお手軽な価格ですし、人気を集めたZenfone2 Laserの後継機種ということで人気が出ること間違いなしなスマホです。
【ASUS ZenFone 3 Max】2万円を切る格安スマホ。確実にライトユーザー向け
ZenFone 3 Maxは確実にヘビーユーザー向けではなく、たまにツイッター、LINEをしたり、クックパッドを見たりするライトユーザー向けです。 16GBだと容量は決お世辞にも容量が多いとは言えないので、動画や写真は外部ストレージに保存するなどして工夫しましょう。
【ASUS Zen Fone Go】2万円を切る格安スマホなら十分性能は◎。ただポケモンgo!のプレイは要注意だぞ
価格は抑えたいけど性能は妥協したくないという方にピッタリのスマホ。ただしポケモンGO!は要注意!
【ASUS Zenfone Selfie】自撮りカメラとして使うならこれ。個人的にサブ機かなぁ。
自分の顔とわからないくらいく修正し偽る・・ゲフンゲフ、失礼、自分の顔だとわかる範囲でかわいく修正可能。
【ASUS Zen Fone Max】バッテリーがスーパー大容量のマッチョな格安スマホ。
ここまでバッテリーの特化した筋肉質なスマホも珍しいですね。ある意味気持ちがいいわ。
【AQUOS SH-M02】防水でオサイフケータイ対応。値下げでねらい目か。
楽天モバイルとDMMモバイルで格安スマホとして販売しています。値下げで今が狙い目かもしれません。
AuBee smartphone 「elm.」 1万円を切る激安スマホ!千円台ならこれ。
格安スマホの代表ともいえるこの端末はなんと7,000円前後というお値段。数万円もする端末が当たり前ですが、この機種は数千円と桁が違います。
【BlackBerry Passport】パソコンと同じキー配列が使える!キーを指で撫でるとスワイプも可能。
使えるアプリは少ないものの、最低限必要なアプリは揃っています。動作自体はサクサク動くし、カメラも1300万画素ときれいに撮れるので、見た目とは違いSNSなどに写真を投稿することにも向いています。
【BlackBerry PRIV】カッコイイの一言。QWERTYキーボードを実装したAndroid端末
スライドさせることでシャキッと出し入れされるハードウェアQWERTYキーボードが純粋にカッコイイです。 (o^-')b
【Desire 626】デザイン色が珍しいブルーとピンク。それほど性能にこだわらなくていいならコレ。
Desire 626は、普段使いの快適性、必要十分なスピーカー音質やカメラ性能を備えており、全体的にバランスの良いスマホです。
【AQUOS mini SH-M03】コンパクトで高性能で防水。小型の格安スマホをお探しならコレ。
AQUOS mini SH-M03の特徴を総合的に考えてみると、十分にメイン機として使用可能な良機種といえます。小型でハイエンドな構成はもちろんのこと、国内でしっかり使える機能が充実していることがプラスになっています。
【Desire EYE】防水機能もありGPSのつかみが良好。樹脂製のボディーも人気。
防水であったり、本体の両端に内蔵されている2つのスピーカーで大音量ステレオサウンドを楽しめる!
【honor8】売り切れていることもある人気の機種。楽天モバイルで買える
honor8(オナーエイト)は楽天モバイルが独占して販売している格安スマホ。高級スマホHUAWEI P9と引けをとらないほどの高性能格安スマホで、この2つの違いはサイズと重さ、RAMくらいで(honor8は4GB・HUAWEI P9は3GB)非常に似ています。
gooのスマホ「go5」(ぐーまるご)メモリも3GBあり、マイナーながらびびるほどの性能だぜ!
価格は4万円前後と安くはなくマイナーな機種ですが、、ハイエンド端末が10万円近くすることを思えばこの価格ですばらしい!という機能を備えています。
【HUAWEI GR5】3万円台のスマホにしては良い印象。指紋センサーが魅力。
メイン機として十分使用に耐えうるスマホといえます。コストパフォーマンスにすぐれ、カメラ、指紋認証パネル、質感、画面の見やすさは及第点ですので、トータルバランスが良い機種です。
【HUAWEI P9の口コミ・評判】カメラがすごい!値段は高めだがこの性能ならコスパはグッド
目玉はなんと言ってもカメラレンズ。レイカ製といってレンズのお値段はキャノンの2倍。価格.comでも上位にランクイン。
【HUAWEI P9 liteの口コミ・評判】3万円未満の格安スマホの中では高スペック
メタルボディが美しいHUAWEI P9 liteは、何といってもそのCPU処理能力が魅力ですねー。
【HUAWEI nova】iPhone7にも負けない完成度。サクサクでレスポンスがグッド
全体的に無難なスペックにまとまっていて非常に使いやすい。5インチと比較的コンパクトなので取り回しが効き、デュアルスタンバイができるミドルクラスのスマホです。
【HUAWEI nova lite】ホントに2万円?!格安スマホの売れ筋1位2位を争う人気。
負荷のかかるゲームだなどは難しいかもしれませんが、いま格安スマホデビューを悩まれている方は自信をもってオススメできる端末です。
【HUAWEI Y6の口コミ・評判】 2万円をきる格安スマホ。低価格だけに処理性能は低い。
HUAWEI Y6の評価を総合すると、実売価格が少し安くなればメインあるいはサブ機(2台目)としての購入を考えても良い機種、といえるでしょう。
【iPhone7/7 Plus】についてのまとめ記事
ここではiPhone7/7 Plusについて、より深く掘り下げて解説しております。
【KC-01】コンパクトサイズの防水スマホ。だがスペックは期待しないほうがいい。
開発元はかの有名な京セラで、このスマートフォンは4.5インチで片手でも扱いやすいサイズにまとまっています。
【Liquid Z330】性能は高くないが、1万円台では標準的な格安スマホ
Liquid Z330の長所と短所を総合すると、「2台目もしくは中級者以上向けのスマホ」という評価になるでしょう。
【LUCE KCP01K】スポーツなどアクティブに持ちたい人にピッタリ!しかも低価格
京セラLUCEはmineoに提供されており、低価格で丈夫な格安スマホだ!スポーツなどアクティブな人にバッチリ。
【Mate S】高級感あるデザインで強度もバツグン。ただ3D処理が弱い。
確かに1世代前のCPUを採用していたり、コストパフォーマンスがイマイチであるなどの短所はあるものの、デザインと画面表示の美しさは購入に値するものです。
【Moto G4 Plus】3万円台では1位2位を争う人気格安スマホ。最新のデュアルsimで4Gと3Gの同時利用が可能
満足度と人気共に1位を争うMoto G4 Plus。デュアルsimでも他の端末にはほとんどみられない4Gと3Gの同時利用が可能という特徴を持っています。
【Moto X Play】2100万画素のカメラは秀逸。バッテリー容量が横綱級。
3万円台というスマートフォンはよくある価格設定なのですが、その中でも性能はひとつ飛び抜けているものがあります。2100万画素のカメラです。
【NuAns NEO】独特なオシャレなカバーで他と差別化したスマホ。
アクセサリーメーカーが自社開発したスマホ。windows10搭載がウリ。仕事用かな?ポケモンgo!はできないぞ!
【VAIO Phone Biz】ワードやエクセルが使える珍しいスマホ。ビジネスマン向け。
一番の売りポイントはWindows10と相性が良いこと。Windows関連のアプリが使えることはビジネスでは非常に便利です。
【ZTE BLADE E01】1万円台でデュアルsimの格安スマホならこれしかない。
ZTE BLADE E01は実売価格が15000円を切るという低価格なエントリーモデルです。しかし、その価格とは裏腹に十分なスペックを搭載していることで、コストパフォーマンスの良さを実現しています。
【ZTE Blade V6】薄く、軽いが特徴。レスポンスはやや悪いか。
一世代前の機種からの買い替えであれば、メイン機としてもサブ機としても満足できる可能性が高い機種です。